冷え性を改善する方法とは?鍼灸師歴18年目ベテラン鍼灸師が解説

冬は嫌い!手足が冷えて眠れなくなる

そういえば肩こり腰痛もひどいし、最近こむら返りもひどいっていっていましたね

そう!冬になると全部の症状が重くなるの!先生これってなんとかならない?

はい、なんとかしましょう!

こんにちは!無遅刻無欠席で鍼灸師歴18年目、寒がりだけど今日も元気な明舞院の院長清水です!
寒い季節が近づくと、手足の末端が冷えるという方は多いのではないでしょうか。
『冷え性』は治療の要望は多いものの通常の疾患として教科書に明確な記載のある症候ではありません。
でも、昔から日本では「冷えは万病のもと」と言われているように、様々な症状の引き金になることも多いです。

今回は冷え性改善の方法と冷え性の要因、そして冷え性から引き起こされる他の症状、その改善方法を広く紹介していきたいと思います。

読み終えるころには自分に合った冷え性改善の方法がきっと見つかるはずです。
どうぞ最後までお付き合いください。

冷え性を改善する方法

ここでは特に末端の冷えについて、その改善方法を3つ紹介します。

①ツボを使ったマッサージ
②養生法(食事)
③生活習慣の改善点

①ツボを使ったマッサージ

使うツボは4つ。

【湧泉(ゆうせん)】


【委中(いちゅう)】
【委陽(いよう)】
【承山(しょうざん)】

オイル(ホホバオイルが望ましい)を脚全体に塗ります。
それから足を掴み親指で湧泉のツボを5秒押します。
次は両手を使ってアキレス腱の真上の承山からふくらはぎの委陽、膝裏の委中にかけて下から上にマッサージしていきます。ツボの部分ですこし強めに長押ししてあげると効果的。

マッサージをすることで東洋医学でいうところの『気』『血』のめぐりが良くなり筋肉の緊張や疲れも取れやすくなります。

注意点は強く押しすぎないこと!
自分が「気持ちいいな」と思える力加減で行ってください。

他に冷え性によく効くツボに【八髎穴(はちりょうけつ)】があります。


冷えてトイレが近い方には特におススメのツボです。
このツボには鍼灸師の先生にお灸をしてもらうのがおススメです。

②養生法(食事)

食事は大事です。
生まれ持ったものも勿論ありますが、東洋医学では食事から得られる『後天の精』がエネルギーを作るとされています。

『腎』は5色でいうと『黒』に分類され、腎が弱っているタイプの方は黒い食材や海藻類を意識して取ると良いとされています。
具体的にいうと「海藻類」「黒豆」「黒ゴマ」などです。

そして冷え性に対する養生で大事なのが温かいものを食べること。

ワカメは味噌汁やスープに入れると豊富なミネラルや食物繊維が取れて免疫力アップに効果的です。
黒豆は造血に、黒ゴマは血糖値やコレステロールを下げる働きがあるとされています。

マイナーな食材だと古くから薬米と呼ばれる「黒米」。
白米よりもカルシウムや鉄分、カリウムなどのミネラルや、ビタミン類が豊富です。
冷えの強い方はお粥にして内臓から温めていきましょう!

あとは体を温め発汗を促す作用がある「生姜」。生姜茶などで取り入れていきましょう。

口に入れるものということで、冷え性のひどい方の中には漢方薬を処方されるケースもあります。
有名どころだと麻黄湯や葛根湯でしょうか。
服用すると発汗が促進されるとのことです。
漢方はかならず専門の先生、薬剤師さんにまず相談から始めましょう。

③生活習慣の改善点

当たり前のことですが物理的に外からガンガン温めます。

手っ取り早い方法は「入浴」です。
仏教では入浴は「七病を除き、七福が得られる」と言われています。
日本人とお風呂の関係は長く、湯につかるようになったのは江戸時代と言われていますが、奈良時代の伊予国風土記ではスクナヒコナが道後温泉で生き返ってみたり、日本書紀では有馬王子が白浜温泉で心の病を治したりしているので由緒正しき治療法と言えます(冷え性関係ないですが)。

どうしても入浴の時間が無ければ「足浴」だけでもいかがでしょう?
くるぶしまでをしっかり温めるのがポイントです。
養生で出てきた生姜ですが、ジンジャーのアロマオイルを足湯の際に使用するのも効果的です。
ジンジャーの精油は「気」を補って免疫力を高め、全身に活力を与えるとされています。
腰痛やむくみ、風邪の初期症状にも良いとか。

今回紹介した①のマッサージも、お風呂上がりや足湯で体が温まっているタイミングで行うとより効果的です。

あとよく言われる「首」を温めること。
首と言っても「手首」や「足首」など、関節部で「首」と付く所をしっかり保温してください。
足の先が冷える方はjoyplusで扱っている『発熱ウォーマー 足首用』がおススメです。

他に岩盤浴の利用や床暖房、ホットカーペットの利用も良いでしょう。
上半身に直接暖房の風があたるような環境は避けるようにしてください。

そもそも冷え性って何?

冷え性を改善する方法を改善するためにも、そもそも何故冷えるのか、医学的に紐解いてみましょう。

冷え性という概念

冷え性の定義はまず
「通常の人が苦痛を感じない程度の温度の環境下において、腰背部、四肢末梢、両下肢、偏身、あるいは全身的に異常な冷感を自覚し、この症状を一般的には余年にわたって持ち続けるもの」
とされています。
要するに暖房の聞いた室内にいても体のどこかしらがいつも寒いよ、ということでしょうか。
西洋医学では疾患として記載がないため病態は明らかにされておらず、診断基準もありません。
基本的にひとそれぞれの感じ方にまかせた形になっています。

しかし、閉そく性動脈硬化症、レイノー現象、膠原病に伴う血管障害などのほか糖尿病でも下肢の冷感は観察されることから明確な疾患の未病状態や前駆症状、あるいは顕在化症状の一つとしても捉えられています。

冷え症は男性より女性のほうが多いと言われています。
女性ホルモンであるエストロゲン分泌が末梢神経の収縮や拡張に関連しているため、ホルモン分泌の低下や不均衡が末梢神経の収縮を促して血行障害を引き起こすことから、特に閉経後の女性に冷え性の自覚が多い理由ではないかと考えられています。

冷え性と自律神経

冷え性で検索すると「自律神経を整える」というニュアンスの記載をみかけませんか?

自律神経は昼間の活動期は交感神経が優位であり、ゆったりとくつろいだ気分の時や夜間は副交感神経が優位となります。
副交感神経が優位となると末梢血管が拡張し、手足が温かくなり、気分が落ち着き、眠くなるなどの働きが起こります。
しかし自律神経失調状態になると交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えが行われず、常にいらいらしたり、動悸や顔面のほてり、不眠、末梢の冷えが出現します。

ちなみに女性の冷えに関しても、②養生法で少し記載した漢方薬を処方されるケースがあります。
当帰芍薬散、温経湯、人参湯などが処方されることが多いとのことです。
当帰芍薬散は私も飲んだことがあり、とっても苦いですが、これでも漢方の中では飲みやすい方だとか……

冷えによって起こる、あるいは悪化するとされる疾患

体を冷やすとロクなことがない!?
冷え性から引き起こされる他の症状を紹介します。

肩こり・腰痛

女性のほうが男性より冷え性を自覚しやすい、という項で末梢神経の収縮からの血行障害についてお話ししましたが冷えによる肩こりや腰痛もそこに起因しています。
冷気に触れることで血管が収縮し血液の流れが悪くなり、こわばりや痛みが生じます。

冬に特に肩こりや腰痛がひどくなるという方は改善方法①~③を是非試してみてください。
特に③の入浴と首を温めることが効果的です。

ただ、冬場の肩こりは単純に着るものが重くなって引き起こされることもあるので、できるだけ軽く温かい衣類を選ぶこともおススメです。

あとは同じ姿勢で長時間固まってしまわないよう、ストレッチや軽い運動を心がけてみてください。

こむら返り

こむら返りは『腓返り』と書きます。
ふくらはぎの筋肉には「腓腹筋」という筋肉があり「腓」の字が使われていますね?
つまりふくらはぎの筋肉がけいれんすることを、一般的に足がつると表現します。

こむら返りの原因には
・ミネラルバランスの不足
・脱水
・冷え

が挙げられます。

ミネラルバランスの不足には②の海藻類が効きますし、①~③の改善方法はどれも効果があります。
冷え性の改善と併せてお試しください。

寒さに負けるな!!冷え性を改善して真冬を乗り切ろう!!

ここまで読んでいただきありがとうございました!
自分にもできそうな冷え性の改善法は見つかりましたか?

joyplus.鍼灸整骨院では各院の鍼灸師がお灸治療も行っています。

カッピング


マッサージもカッピングを使用したオイルマッサージを行ってくれるセラピストもいますので
自力での改善に壁を感じたら、遠慮なくご相談ください。
改善方法①で紹介したツボにお灸をしたり、プロにマッサージしてもらうのも効果的ですよ。

今年の冬は去年より寒いですが、冷え性を改善して元気に春を待ちましょう!

保護中: 親指を動かすと手首に痛みが走る|ドケルバン病の原因と改善法を解説New!!
肩から手先の痺れ、痛み、だるさ | 「胸郭出口症候群」の正体とはNew!!
病院で改善しない春の不調|東洋医学で改善しませんか?
正体不明の不眠、肩こり、冷え|東洋医学で自分のタイプを知ろう!
ギックリ腰を治したい|腰痛専門院が厳選おススメ予防・対応策を紹介!
ストレートネックとは?スマホ首の原因と改善方法を解説

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。