引っ越しでギックリ腰!困ったときの対処法お教えします! 

荷物を持ち上げた時にグキッときて・・・

その日は痛くなかったんだけど次の日から痛くて・・・

しばらく何ともなかったのに椅子から立ち上がった時に急に・・・

しばらく何ともなかったのに椅子から立ち上がった時に急に・・・

こんな症状に当てはまりませんか?
実は、その瞬間痛くなるもの、疲労が蓄積して後日出るものどちらもぎっくり腰といえる症状です。
私は、年間2000人の方を施術しているjoyplus.鍼灸整骨院の鍼灸師で、私自身も先日引っ越しを終えたばかりです。
この記事では、「ぎっくり腰をどのようにして解決していくのか」「自分でも出来る、ぎっくり腰の解消法」を詳しく解説していきます。
自身の引っ越しで感じた「ぎっくり腰の予兆」や、「その時に行った対処法」なども記事にしていきますので是非最後までご覧ください。

ギックリ腰、オススメ対処法3選!!

まずは、軽めのギックリ腰によく効く1分で出来る簡単な対処法をご紹介いたします。本当に簡単なものをご紹介するので是非一緒にやってみてください。

※症状によっては悪化や、別のケガをしてしまうリスクもありますので紹介する運動の中でも極端に痛みを感じるものは避けて実践してください。

膝裏マッサージ 

楽な姿勢で膝の裏を優しくマッサージを行います。
力の強さは気持ち良いと感じるていどの力で優しく押圧し「痛い!」と感じるほどの強さや、
グリグリとした動きは膝周りの筋肉や血管を傷つけてしまう可能性があるので気を付けましょう。


行う時間は、30秒程で十分です。

首の前後倒し体操 

首を前後に倒しましょう
これも30秒ほどで十分です。
倒した際に気持ちいいと感じる程度で、首を動かかしてください。
痛みを我慢して首を動かすことは逆効果となりますのでご注意ください。

椅子に座っての足上げ体操 

椅子に腰かけた状態で骨盤が後ろに倒れないようにします。
その状態から、足を上げ下ろしするだけ!
実施時間は30秒程度、足を上げる際に骨盤が後ろに倒れてしまう方が度々いらっしゃるのでご注意ください。

ギックリ腰はなぜ起こる?

ギックリ腰なぜ起こるか分かりますか?

詳しいことは分からないのですが、腰に力を入れたときが多い気がします。

そうですね、それも一つの要因です。ぎっくり腰は背骨付近の捻挫とも言い換えることが出来ます。つまりは自分が力を入れたときや不良姿勢などで腰に外力がかかったときに痛めてしまうものなんです。

え、じゃあ力を入れてなくても前屈みになるだけでぎっくり腰になることもあるんですか!?

そうなんです!先日、私が引っ越し作業をしていた際にも前に屈んだ瞬間にギクッと来そうになる経験をしました。

ギックリ腰は捻挫!? 

捻挫ってそもそも何ですか?

捻挫というのは骨と骨を繋いで固定してくれている靭帯という組織や関節を包んでいる袋(関節胞)を痛めてしまうケガの事を言います。

靭帯?を痛める!?

一番有名なもので言えば足首の捻挫がイメージしやすいかもしれません。スポーツや歩行の際に何かに躓き足首を捻ってしまった経験はありませんか?あのような関節に対して強制的に何かしらの力が働き、靭帯が伸びてしまったり、部分的に切れてしまうなどの損傷を起きることから『靭帯を痛める』と説明しています。

捻挫は関節に強制的な力が加わることで起こり、腰の場合は脚部や股関節周りの筋肉が固まった状態で前屈や捻りなどの動作を行うことで背骨の関節に力が加わり捻挫を引き起こします。

また、季節の変わり目には様々なケガをする方が多く、ぎっくり腰の症状を訴える方も当院には多くみえます。
そういった方たちは、普段から身体の硬さや疲労を抱えていらっしゃる方、関節に負荷がかかりやすい状態になっている方がほとんどで、そのような状態で引っ越し作業などの慣れない重労働を行えば結果は・・・容易に想像がつきますね。

冷えによるギックリ腰のリスク

最近、冷え込んできたのもあってか荷ほどきなどの作業中余計にぎっくり腰になりそうで怖いんです。冷えとギックリ腰って関係あるんですか?

関係あります!特に冷え込みはぎっくり腰と深い関連性があり、冷えて身体が強張ることで股関節や骨盤の動きを制限してしまうことで負担が腰にかかってきます。

股関節の動きがどうして腰に影響を

股関節の動きが制限されると骨盤を使った前屈が行いにくくなります。そうなると背骨を丸めながらの前屈になてしまいますよね。

逆にこの時、股関節の動きが制限されていないと骨盤がしっかりと前に傾き背骨が真っ直ぐなまま前屈をすることが出来るようになります。この骨盤の動きがあるかないかで腰にかかる負担が変わってくるわけです。

この様にぎっくり腰は冷えや身体の固さから起こることが非常に多い症状です。
冒頭で説明したような予防を行い、ぎっくり腰になりにくい身体。なってしまっても酷くさせない方法を身に着けることが重要です。

日常的な予防方法

ぎっくり腰は日々のちょっとした習慣から予防することが出来ます。

例えば
~椅子からの立ち上がり~
普段何気なく立ち上がっていると思います。このときに股関節を意識して立ち上がることが重要なポイントです。
股関節は上半身と下半身をつなぐ大事な関節です。股関節をしっかりと動かしながら立ち上がることで骨盤が前傾し、腰椎(腰の背骨)の動きが最小限で済むため腰への負担がかなり軽減されるので是非試してみてください。

~物を拾うとき~
床から荷物を持ち上げるときこんな風に持ち上げていませんか?


これ、腰にとっても負担がかかる姿勢なんです!
前述のとおり、骨盤が倒れない前傾姿勢は腰に負担がかかります。この負担を少しでも軽減させる物の拾い方がコチラ↓

この様に日頃の習慣を気にかけることでギックリ腰は予防することが出来ます。
今日からできる習慣ばかりなので是非実践してみてください。

ぎっくり腰をきっちり予防!~快適な新生活を~

ここまで簡単に出来るセルフケア・予防法をご説明しました。
ぎっくり腰は若い人でもなりうる症状です。自分はまだ大丈夫だろうとたかをくくらず、「怪しいな」「怖いな」と思ったら今日ご紹介した内容をやってみてください。
今回ご紹介した方法以外にも色んな対策方法がありますが、強い痛みが出るものは避けてやれるものからやれる強さで行うのがベストだと感じています。
寒さもこれからまだまだ厳しくなっていきます。自分の症状を理解し適切なケアをしていきましょう。

ご不明な点や質問などありましたらLINE@やメール等でお問い合わせ頂ければ、可能な限りお答えさせて頂きます。
どのようなお悩みでも構いませんので、遠慮なくご連絡ください。

保護中: しゃがめないお子さんが急増?!〜蹲踞を使った正しい体の使い方〜New!!
あなたのお子様はしゃがめますか?しゃがめない原因を膝の専門整骨院院長が解説 New!!
「オスグッド病」| 成長期に多い膝の痛みの原因と対処方法!
スポーツ中に腰がっ!原因と改善法をバレーボールの動作をもとに徹底解説☝ 
アキレス腱が痛い|アキレス腱炎・周囲炎の原因と改善方法
腰痛Q&A ~現場で患者さんからよくある質問にお答えします!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。